新生児用粉ミルク人気ランキング【安い価格/成分比較】大容量缶編

新生児用粉ミルク人気ランキング安い価格ランキング(大容量の缶タイプ)をご紹介します!値段・人気・売れ筋・栄養面・評価などを総合的に評価・判断しました。新生児用粉ミルクとフォローアップミルクの違いについても。

【新生児用粉ミルク(大容量缶)】総合人気ランキング・安い価格ランキング

現在、日本で売られている新生児用粉ミルクは、どれも母乳に近い成分になっています。商品により成分の違いや甘さ、におい等が違ったりします。

これからご紹介するのは、値段・人気・売れ筋・栄養面・評価を総合的に判断したランキングです。

多すぎず、少なすぎず、おまけがついてくる2缶セットが人気があります。

赤ちゃんが気に入るか不安な場合は1缶タイプ、おまけはついてこないけれど、再安値の場合が多い4缶タイプもおすすめです。

【新生児用粉ミルク】人気ランキング第1位(安さも1位)

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g×2缶パック (おまけ付き)
(1缶あたり1700円~)

新生児用粉ミルクで一番人気があるのは、安くてコスパの高い「はいはい」の2缶パックでした。
このミルクが合わない子(飲まない・体に異常がみられる場合など)には、若干高くなりますが2位のアイクレオがおすすめです。

人気の理由は

安い
★母乳に近い成分
★おしりふきのおまけがついてくる
おなかをこわしにくくしている工夫
(消化されにくいたんぱく質を減らしています)
★「和光堂あかちゃんのおしりふきふんわり厚手50枚入り(定価200円程度?)」のおまけ付
★1缶あたり810gで、1回約2.6gで20ml作れます。(1缶で6230ml作れます)
はいはい【2缶】はこちらから購入可能です(おそらくAmazonが最安値です)。
和光堂 レーベンスミルク はいはい810g×2缶パック (おまけ付き)
(1缶あたり1700円~)


はいはい【1缶のみ】はこちらで購入可能です。(この商品のみでは送料がかかります)
大缶は在庫がないため、お試しサイズのみ販売中。
和光堂 レーベンスミルク はいはい300g【約840円+送料390円程度】最新の値段はこちら

はいはい【4缶】はこちらで購入可能です。(おそらく一般店マーケットプレイスからの購入)
和光堂 レーベンスミルク はいはい 粉ミルク [0ヶ月から1歳頃] 810g×4缶【6980円1個1745円】(一覧から「810g×4缶」を選んでください。)

【新生児用粉ミルク】人気ランキング第2位(安さ4位)

アイクレオのバランスミルク 800g×2缶セット(スティックミルクのサンプル付き)
(調査時1缶あたり約2634円。最新の値段はこちら)

新生児用粉ミルクの2番人気は、値段が高いが赤ちゃんとの相性の良いと評判のグリコ「アイクレオ」の2缶パックでした。ちなみに人気度は1位からほんの少し低いだけ。価格が若干高い分、2位となってしまっているのかと思われます。

人気の理由は

★母乳に近い成分
★産院ですすめているところが多い
★うんちの匂いや色がよくなったという報告
★他のミルクはのまなかったけどこれなら飲んだという報告
★1缶あたり800gで、1回約2.6gで20ml作れます。(1缶で6153ml作れます)
★「グリコ アイクレオ・スティックタイプ5本(缶ミルク換算で定価200円相当)」のおまけ付。

【新生児用粉ミルク】人気ランキング第3位(安さも3位)

ビーンスターク・すこやかM1(大缶2缶パック) 800g×2缶
(1缶あたり2600円。最新の値段はこちら)

新生児用粉ミルクの3番人気は、値段は安め、評価もそこそこ良いBeanStalk「すこやかM1」の2缶パックでした。
値段と評価のバランスが良いです粉ミルクです。甘味が少なめなのでこれにしたというお母さんも多いです。

人気の理由は

★母乳に近い成分
★値段もお手頃
★産院で使っていたり、すすめているところも多い。
★赤ちゃんによってはこれじゃなきゃ嫌という子も。
★1缶あたり800gで、1回約2.6gで20ml作れます。(1缶で6153ml作れます)
★「図書券500円相当」または、グッズがもらえる「まめコミポイント」のおまけ付。

【新生児用粉ミルク】人気ランキング第4位(安さは2位)

【Amazon.co.jp限定】 森永 はぐくみ 大缶 810g×2缶パック
(1缶あたり約1940円。最新の値段はこちら)

新生児用粉ミルクの4番人気は、値段は安め、評価もそこそこ良い森永「はぐくみ」の2缶パックでした。
値段は安く、成分的にも母乳に近くて問題ないのですが、おまけがついていない点と、 缶やスプーンに不満がある方が少し多いため4位となりました。安さでは2位です。

人気の理由は

★母乳に近い成分
★値段もお手頃
★産院や保育園などで使っているところも多い。
★赤ちゃんによってはこれじゃなきゃ嫌という子も。
★1缶あたり810gで、1回約2.6gで20ml作れます。(1缶で6230ml作れます)
★おまけが付いていないのが残念ポイント

新生児用粉ミルク(大容量缶タイプ)ランキングまとめと購入はこちら

人気1位(安さも1位):和光堂 レーベンスミルク はいはい810g×2缶パック (おまけ付き)
(調査時1缶あたり約1700円。最新の値段はこちら)

人気2位(安さは4位):アイクレオのバランスミルク 800g×2缶セット(スティックミルクのサンプル付き)
(調査時1缶あたり約2634円。最新の値段はこちら)

人気3位(安さも3位):ビーンスターク・すこやかM1(大缶2缶パック) 800g×2缶
(調査時1缶あたり2600円。最新の値段はこちら)

人気4位(安さは2位):【Amazon.co.jp限定】 森永 はぐくみ 大缶 810g×2缶パック
(調査時1缶あたり約1940円。最新の値段はこちら)


粉ミルクの種類と、新生児も大丈夫な粉ミルクの見分け方

粉ミルクには2種類あります。

★新生児(産まれてから28日間)からあげる新生児用ミルクと、
★生後9ヵ月頃から、3歳位までの乳幼児に与えるミルク(フォローアップミルク)

です。

★新生児からあげるミルクは母乳とほぼ同じ成分で作られており、
このミルクだけで、新生児から離乳食が始まるまでの成長に必要な栄養素が含まれています。
必ず、新生児期~生後9か月頃までは、新生児用粉ミルクを選ぶようにしてください。
(栄養の取りすぎてしまうため、1歳を過ぎたらフォローアップミルクに切り替えましょう。)

新生児用粉ミルクの見分け方

新生児用粉ミルクは、下の画像のように【0か月から】や【0才から】のような記載があります。
新生児用粉ミルクとは?見分け方

フォローアップミルクとは?見分け方

★一方、フォローアップミルクは、必ずしも必要というわけではありません。
離乳食を開始した生後9ヵ月頃から、3歳位までの乳幼児に離乳食とともに与える補助的なミルクで、離乳食をまだしっかり食べられない子供や、栄養の偏りが心配な子供におすすめです。乳幼児期の成長に必要な栄養が含まれています。あくまで、離乳食の補助であり、この粉ミルクだけでは栄養は不十分です。

フォローアップミルクは、【*ヵ月頃から*歳頃まで】という記載があることが多いです。
フォローアップミルクとは?見分け方



このように、新生児用粉ミルクとフォローアップミルクでは栄養面も価格も全く違います。別物として考えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました