節分と恵方巻を英語で簡単に紹介・説明!丸かぶり寿司や恵方

節分恵方巻き英語で簡単に紹介・説明します!丸かぶり寿司の由来や恵方巻の方角の決め方についても!豆まきについては別ページで詳しく解説しています。Explanation of English Setsubun and Eho-maki(thick sushi).

節分に恵方巻を食べる由来は?恵方って?

節分や恵方巻きを英語で簡単に紹介・説明する例文・英単語!

例文・英単語をご紹介します。

節分や恵方巻きを簡単に紹介・説明するための英単語

★節分:Setsubun:セツブン(日本特有の行事なのでそのまま発音します)

★2月3日:February 3:フェブラリ サード

★鬼・悪魔:Demon:ディーモン

★太巻き寿司:Thick sushi:ティク スシ

★恵方巻:Eho-maki:エホーマキ

★恵方(良い方向・吉方位):Good direction:グド ディレクション

★豆まき:throwing beans:スロウイング ビーンズ
(豆を投げることなので。×「Sowing beans」は畑などに豆をまくという意味になります)

これらの単語をつなげて、節分を説明してみましょう。

節分や恵方巻きを簡単に紹介・説明するための英語の例文

これらの英語の例文のうち、必要なものを使ってください。全部言う必要はありません。

2月3日は節分です。
February 3 is Setsubun.
フェブラリ サード イズ セツブン
節分は季節の変わり目の行事です
Setsubun is a seasonal change event.
セツブン イズ ア シーズナル チェンジ イベント
節分には豆まきをします。
Throwing beans for Setsubun.
スロウイング ビーンズ フォー セツブン
節分には太巻き(巻き寿司)も食べます。
Eat thick sushi(sushi rolls) at the time of Setsubun, too.
イート ティック スシ(スシ ロールズ) アト ザ タイム オブ セツブン トゥー
節分の時に太巻き(巻き寿司)を食べると幸せになれるといわれています。
Eating thick rolls(sushi rolls) is said to be happy at the time of Setsubun.
イーティング ティック スシ(スシ ロールズ) イズ セド トゥー ビー ハッピー アト ザ タイム オブ セツブン
太巻き(巻き寿司)は夜に食べます。
Eat thick sushi(sushi rolls) for dinner at night
イート ティック スシ(スシ ロールズ) フォーディナー アト ナイト
太巻き(巻き寿司)を食べるときには、その年の恵方を向きます
When eating thick sushi(sushi rolls), face Good direction for the year
ホエン イーティング ティック スシ(スシ ロールズ)、フェィス グド ディレクション フォー ザ イヤー
太巻き(巻き寿司)を食べるときには、その年の恵方を向きます
When eating thick sushi(sushi rolls), face Good direction for the year
ホエン イーティング ティック スシ(スシ ロールズ)、フェィス グド ディレクション フォー ザ イヤー
2020年の恵方(良い方向)は西南西です
2020 Good direction is “West southwest”
トゥエンティトゥエンティ グド ディレクション イズ ウェスト サウスウエスト
2021年の恵方(良い方向)は南南東です
2021 Good direction is “South-southeast”
トゥエンティトゥエンティ グド ディレクション イズ サウス サウスイースト
2022年の恵方(良い方向)は北北西です
2022 Good direction is “North-northwest”
トゥエンティトゥエンティ グド ディレクション イズ ノース ノースウェスト
2023年の恵方(良い方向)は南南東です
2023 Good direction is “South-southeast”
トゥエンティトゥエンティ グド ディレクション イズ サウス サウスイースト

少しくらい間違っていても、意味が伝わるはずですよ!ジェスチャーも交えて、頑張って伝えてみましょう。


関連記事:
節分を英語で簡単に紹介説明!豆まき鬼は外の英単語や例文
幼稚園保育園の子供もわかる「節分豆まきの由来」鬼は外の理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました