レゴスクールプログラミング体験レッスンレビュー!料金や口コミ

レゴスクールプログラミング体験レッスンレビューブログ口コミ体験レッスン料金入会金、総額費用、体験レッスンの様子や新コース「ワールド・コーディング」の詳細も紹介。

レゴスクールプログラミング体験レッスンレビュー!料金や口コミ

レゴスクールプログラミング教室とは

レゴ®スクールとは?
レゴ®スクールは、幼児から小学生を対象に、子どもたちの発達段階に応じた学年別カリキュラムと、アナログとデジタルのレゴ教材を活用して、STEAM-科学・テクノロジー・工学・アート・数学-の力を身につけ、遊びながら学び(Playful Learning)、作ることで学ぶ(Hands-on Learning) 教育で子どもたちの自信を育むスクールです。

レゴブースト

レゴブロックは小さい子供から大人まで簡単に組み立てることができるブロックで、3歳から9歳までカリキュラムが用意されています。

レゴスクールは日本全国に広がって開校しています。

我が家の近くにもレゴスクールができ、プログラミング大好きな子供が通いたがっていたので体験教室に行ってみることにしました。

レゴスクール体験教室レビュー・口コミ

レゴスクールチラシ
きっかけは、レゴスクール入口に置かれたチラシです。

レゴスクール体験教室を受ける時期

レゴスクールの体験教室を受講するベストな時期ですが、
1~2月がベストな時期になります。

レゴスクールの各クラスのカリキュラムは4月から始まります。例えば6月ごろ入会しても、4月~5月のカリキュラムを受けることができないので、4月から入会するのが一番ベストなタイミングなので、4月入会のために1~2月中に体験をして、3月中に入会申し込みをする必要があります。

3月ごろでも体験&入会はできますが、人気のあるクラスは定員がいっぱいになっている可能性があるので、入会を考えている場合は早めに体験を受けて入会しましょう。

レゴスクール体験教室申し込み方法

レゴスクールの体験を申し込む方法は、

●電話で申し込む
●公式ホームページでネット申し込み
●教室で直接申し込む

ネット申し込みはスクール側がメールを確認してから、メールか電話で返信があるので申込みを完了するまでに時間がかかります。

急いでいる時は、希望する教室に電話をして体験希望を伝えると良いでしょう。

体験教室が開催されている日はクラスにより決まっています。子供の年齢で体験できるクラスと日にちを教えてもらい、相談して体験日の予約をとることができます。


今回は、電話で予約を取りました。

子供の学年を伝えると、

●体験教室を開催している日
●子供が入会できるクラス

を教えてくれました。

うちの子供(小学校低学年)の希望は

●タブレットではなく、パソコンを使いたい
●ブロックを組み立てて動かしたい
●スクラッチは大好き

という事を伝えたところ、いくつか受講できるクラスの中から
ワールド・コーディング
という新設されるクラスを勧められたので体験を申し込みました。

実はより高度なロボットプログラミング「ワールド・ロボティクス」を希望していたのですが、「小学校低学年は1年以上受講していないとこのクラスはできない」と言われました。

そして、入会する場合は、他の習い事と入会できるクラスのスケジュールが合わなければ入会はできないので、クラスの空き状況と受講できる曜日も確認したら、曜日や時間を詳しく教えてくれました。

最後に、体験レッスンの料金の支払いについて説明がありました。レゴスクールの体験教室は基本的に有料(3000円+税)です。
「クレジット払いでお願いしたいので、クレジットカードを忘れないでください」
と言われました。(支払方法は各教室で異なる可能性がありますので、予約時に確認すると良いでしょう)

◆予約する時にレゴスクールに伝えると良いこと◆
・子供の学年
・希望のコース
・子供ができるレベル(プログラミングの経験があるか、ないか)
・受講可能クラスの曜日、時間、空き状況の確認

レゴスクール体験教室 レビュー

レゴスクール入口
ウキウキする子供と一緒に、10分前ぐらいにスクールへ到着しました。

もちろん事前にトイレを済ませました。

スクールでは受付スタッフさんが笑顔で迎えてくれました。

レゴスクール教室内
スクール内は楽しそうなレゴの内装で、レゴブロックで自由に遊べるスペースもあります。

レゴスクール作品
レゴブロック作品2

最初にクレジットカードで体験料金を支払い、教室の資料をもらいました。
レゴスクール体験教室料金支払い

「クレジットカードもっていません」という他の家族がいて、スタッフさんは「えっ」と一瞬なりつつ、なんとか現金で支払いできたようでした。

もし、どうしても現金で支払いたい場合は、予約の段階で「どうしても現金払いが良い」と伝えておけば、教室側も準備ができたと思います。

その間、教室内ではインストラクターの先生が準備をしていました。
レゴスクール教室内
レゴスクール教材

体験の時間になり、子供たちだけ教室に入っていきました。保護者は教室内が見えるロビーで待機です。

体験時間は約50分ぐらいです。(体験時間はクラスで異なる可能性があります)

子供たちが体験している間、保護者向けに教室の説明がありました。

レゴスクール ワールド・コーディングクラスの説明

ワールド・コーディングクラスとは、2020年4月から新設されたクラスです。

ワールド・コーディング専用レゴブロック「spike」(スパイク)とプログラミングソフト「スクラッチ」を使ってミッションをこなしながら、学んでいきます。
レゴスクールスクラッチ
↑子供でも簡単にプログラミングができる言語「スクラッチ」パズル感覚でプログラミングできます。日本語対応です。

専用レゴブロック「spike」
専用レゴブロック「spike」内容
↑ワールド・コーディング専用レゴブロック「spike」 子供でも取り扱いやすいカラフルなレゴブロックとモーターなどが入っています。

主にワールド・コーディングの特徴は、お店屋さんをプロデュースするように課題をこなしていくようです。

今回の課題は「遊園地のメリーゴーランドを作ろう

インストラクターは簡単なレッスンの指示とアドバイスだけで、基本的に自分の考えで作り、失敗して解決方法を考えるというレッスンです。

クラスメイト同士で相談しても良いそうです。

レッスン時間内で試行錯誤して課題をクリアーして、家で復習するそうです。

ワールド・コーディングクラスの詳細をまとめるとこんな感じです。

ワールド・コーディングクラスの詳細

対象年齢 小学2・3年生以上
クラス定員 1クラス8名まで
レッスン回数 90分×月2回
レッスン振り替え
受講期間 4~3月の2年間
宿題 なし
ワールド・コーディング費用
入会金 10000円+税
レッスン料 月12500円+税
教材費(レゴブロックspike) 45800円+税
教材費(ワークブック) 5000円+税
入会時費用合計 73300円+税

このレゴブロックの指定教材は購入が必須ですが、レッスンでは使用しません。

「レゴブロック教材は持ってくると重たいので、レッスンは教室にある物を使います。購入したものは自習用です」
と説明がありました。

レッスンで使用しない高額な教材について質問してみました。

レッスンで使用しないのに、購入しないといけないのですか?
はい、必ず購入していただきます
宿題で使うのですか?
宿題はありません。自宅で復習したい、遊びたい時に使ってもらいます

つまり、自習しないのなら45800円はまるまる無駄になるわけです。レッスンで使うのなら購入は仕方ないと思いますが、レッスンでは使わない高価な物を強制購入とは…驚きです。

レッスン料金も月二回で12500円なので、他の習い事に比べると高く感じます。(さらにクラスは最大8名なので、最大定員の場合、先生の目が行き届いているか、サポートしてもらえるか不安に感じます)

先生は基本的には課題の解き方は教えてくれません。質問がなければ黙って見ているだけです。それは、自分で考えて解決する力を養うためのようですが、レッスン料金も割高に感じてしまいました。

親から見ると遊んでいるように見えるレッスンですが、これが子供の将来のためなら仕方ないと考えるか、高いからもったいないと考えるかは、人それぞれあるようです。

嬉しいのはレッスン振替制度があること。急な病気の休みでも、空きがあるクラスに振り替え可能だそうです。

レゴスクール体験レッスンの様子

レゴスクール体験レッスンの様子
レッスン中の子供の様子ですが、今回は学年が異なる3名の男の子が参加。どの子もレゴブロックが大好きのようです。

最初は先生の指示に沿って、パソコンを操作したり、レゴブロックで組み立てたりします。緊張気味な子供たちでしたが、徐々に楽しそうに組み立てています。

スクラッチの操作の仕方は最初に説明がありましたが、基本が分かればアドバイスはなくなります。
レゴスクール体験レッスンの様子2

ちなみに、教室とロビーの間は扉があるものの、窓にガラスがないので教室内の会話は聞こえます。
レゴスクール窓
↑窓に置かれたレゴのロボット

みんな組み立てに夢中で会話は少なめです。組み立て→動作確認→改良の繰り返しで課題クリアーを目指します。

レゴスクールレッスン
↑パソコンでプログラミングする子供。マウスの操作ができれば簡単にスクラッチが操作できます。

最後は、自分たちが作ったメリーゴーランドを発表して終わりです。
レゴスクール体験レッスン作品
↑子供の作品。メリーゴーランドなのでくるくる回ります。周る速さ、時間などスクラッチで命令を作りました。

終わると保護者も教室に入ることができます。

先生は、
「みんなパソコンに慣れていてスムーズにレッスンが進みました」
と簡単なフィードバッグがありました。

子供の感想は
「楽しかった~~~」
と大喜びでした。

レゴスクール 体験後の入会方法

レゴスクールの体験後は無理な勧誘はありませんでした。

もし、入会希望の場合、どうしたら良いか質問しました。
「入会希望の時は、こちらの教室にお電話ください。手続き方法などご説明します」
とのことでした。

空きがあるクラスの曜日や時間を教えてもらい、帰ってから考える事にしました。
「空き人数が残りわずかなので、決まりましたらお早目にご連絡ください」
とおっしゃっていました。

入会を希望するときは電話をすると希望のクラスに登録してもらい、必要書類を作成、費用の振込など案内があると思います。

レゴスクール体験後 感想

自宅に帰った後、子供にレゴスクールに入会したいか聞いたところ、
「やりたい!!」
と返事がありました。

私も、教室で見ている時は、楽しそうだし、役に立ちそうだから入会すると良いかなと思いましたが、いろいろ気になる点が見えてきました。

●絶対に必要ではないレゴブロックの強制購入が納得いかない(レッスンで使用するなら購入も納得ですが、宿題がないので使い道がない可能性も)

●先生は、もうちょっと作品が良くなるようにアドバイスしてくれても良いのでは…

●ちょっとうちの子供には簡単すぎるかな…(スクラッチを独学で使いこなしているので、課題が簡単だったようです)

●クラスが最大8人とは、高額なレッスン代の割には人数が多すぎるのでは…

という理由で、今回はレゴスクール入会は見送りました。

1週間後、レゴスクールから入会確認の電話がありました。

「もう少し考えます」
と答えたのですが、それ以降は電話はありませんでした。

しつこい勧誘がないのはありがたいです。



今回、プログラミングに慣れているうちの子供のレゴスクール入会は見送りましたが、レゴスクールは、

●初めてププログラミングを学ぶ子供
●レゴブロック大好き!工作大好き!
●理系になってほしい

という子供におすすめの習い事だと思います。

宿題がないため、親の役割は送り迎えとレッスン代の支払いだけなので、親は結構楽な習い事です。


うちの子供は年齢の割には独学でパソコンを使いこなすことができるので、学年でクラス分けされているプログラミング教室は向いていないことを悟りました。

しかし、子供はもっとプログラミングを習いたいと言うので、マイペースに自宅学習できるプログラミング教材を探しました。




↑自宅できるレゴブロック「マインドストーム」を使ったプログラミング学習もあります。レゴブロック教材+テキストが入っています。教材費のみで、月会費などはありません。
自分のペースでレゴスクールのようなプログラミング学習ができます。

レゴスクールプログラミング教室の代わりの教材

レゴスクールでは物足りないプログラミング大好きな子供のために自宅でできる教材を探しました。

●自宅でできる
●簡単に組み立てができるブロック
●モーターでロボットや車を作って動かしたい
●パソコンでプログラミングをしたい

と言う条件から選んだ教材はこちら!


アーテック (Artec) ArTecブロック ロボティストシリーズ アドバンス
アマゾン価格 ¥28,064(2020年3月現在)

こちらはアーテック社のプログラミング教室で使用されている教材と同じものになります。

ロボットやライントレースカー(黒い線をたどって走る車)など8種類以上の課題に取り組む事ができます。

この教材には説明書は付いていませんアーテックのホームページで説明書とテキストを見ることができるます。

テキスト通りに進めていけば、組み立て可能です。説明が丁寧なので、分かりやすいので、小学校高学年ぐらいならば一人でできると思います。

プログラミングはスクラッチベースのソフトで行います。ほぼスクラッチと同じなので、スクラッチに慣れている子ならば問題なく操作できます。

ブロックの組み立てはレゴブロックよりも少し力がいるので、小学校低学年の子供は時々難しいようです。

思った通りに動かない→原因を考える→いろいろ試してみる→できた!→もっと凄いものにしよう!
という流れで楽しそうに学んでいます。

先生はいないので、自分の力で考え、本当に困ったら親が一緒に考えるようにしています。

完成した時はとても嬉しそうです。

初めて作った信号は本格的で、凄い教材があるなと感心しました。慣れてくると、オリジナル作品も作れると思います。買ってよかったです。

アーテックが終わったら、次はこちらを購入したいです。
レゴのマインドストーム!


Z会の家庭でできるレゴプログラミング!

レゴスクールに似たカリキュラムを家庭で学習できる習い事があります。

Z会のプログラミング教室!



レゴブロックを組み立てて、タブレットでプログラミングして作品を動かします。

プログラミング不慣れな親でもわかりやすく書かれた保護者向けテキストもあるので子供をサポートできます。

カリキュラムごとにウェブテストがあるので、子供がちゃんと理解できているかわかります。

月々のレッスン代もレゴスクールよりもお得です。

受講料 5093円 (12ヶ月一括払い 51942円)
12か月一括払いだと、月々4329円になります。

教材費 27,951円(税込)(テキスト、レゴブロック)

レゴスクールの場合は、

レッスン代 月12500円+税
教材費 50800円+税(テキスト、レゴブロック)

半額以下でレゴブロックのプログラミングを学習できます。

家庭で学習するため、

○マイペースで学習できる
○隙間時間で学習できる
○授業料が安い
○通う移動の手間がない

×親のサポートが必要
×だらけてしまう可能性がある

質の高い学習できるZ会のプログラミング教室はかなり狙い目です!



↑こちらのバナーから無料資料請求できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました