【女の子ランドセル】後悔した色カラーランキング!黒/紫/キャメルは?

女の子のランドセルで後悔したカラー色ランキングです。使用して後悔した色や、黒、紫、キャメル、グレーの色のランドセルはいじめられない?など実際の声からご紹介!
【女の子ランドセル】後悔した色カラーランキング!黒・紫・キャメルは?

ランドセル女の子の後悔した色ランキング

【1位】親が決めた色

女の子ランドセル後悔した色「親が決めた色」
女の子のランドセルで後悔した色第一位は「親が決めた色」

親と子供の意見が食い違った時に「子供の希望ではなく、親の希望の色を押し通して購入した」場合、子供は不満を感じることが多いようです。自分の意見が通らなかった場合、ランドセルを大事にしない、文句を6年間言い続けることが起こるようです。

実際にあった事例です。

・子供は水色希望。親は「水色はすぐに飽きてしまいそう。定番の赤色なら飽きないだろう」と思い、説得して無理やり無難な赤色を購入した。入学後、「○○ちゃんと◇◇ちゃんが水色のランドセルを持っていた。水色に変えたい」と言ってきた。


・子供はメタリックブルー希望。親はそのランドセルが好きになれず、「その色のランドセルをしているといじめられるかも」と説得して赤色購入。子供は何年たっても「メタリックブルーがよかった」と不満をこぼしていた。子供の意見を聞いていればと後悔。


・子供の意見を聞かずに祖父母が勝手に購入して送ってきた。子供は自分で選びたかったのでそのランドセルが好きになれず、しぶしぶ使っている。


・子供はかわいい飾り付きの紫色ランドセル希望。しかし、飾りが取れてしまったり、高学年になったら飾りが嫌がると先輩ママの話を聞いていたので、飾りなしのランドセルを購入。入学後、飾りのついた欲しかったランドセルを持っている友達を見て、「あれが良かった。新しく買って」と言われた。


・水色や紫色など、親の希望とは違う色を選ぼうとしていたので、「学校は赤色しかダメなんだよ」とウソをついて赤色を購入。入学したら赤色のランドセルだったのはうちの子一人だけ!子供は「本当は紫色がよかったのに!」と大泣きした。



親としては、「6年間飽きずに使ってほしい」「目立っていじめられないでほしい」と思って親の意見を通したいのですが、実際に6年間使用するのは子供なので、子供の意見を尊重してランドセルの色を決めたほうが、愛着がわいて大切に使ってくれます。

特に、親の希望に誘導、嘘をつくとずっと子供は不満が残り続けるのでやめたほうがよいでしょう。

子供同様、親も意見を取り入れたい時は、「色やデザインは子供、ブランドは親が決める」とお互い希望を取り入れることができ、親子で納得のランドセルが購入できるのでおすすめです。

奇抜な色、目立つ色はいじめられない?

奇抜な色、目立つ色はいじめられない?
紫色、メタリックカラー、白色、他の子があまり持っていない色は「目立っていじめられないか心配」になります。実際、入学した後、ランドセルの色のことでいじめられた子がいるかどうか子供やママさんたちに聞いてみると、「ランドセルでいじめられた話は聞かない」という意見が多かったです。

子供同士、あまりランドセルの色を気にする、いじめやからかいのネタにする子はあまりないようです。

【2位】刺しゅう入りデザイン

女の子ランドセルの後悔した色「刺しゅう入りデザイン」
色ではありませんが、刺しゅう入りのランドセルにして後悔したという声が多数ありました。

なぜ刺繍入りランドセルで後悔してしまったか、理由をご紹介します。

●低学年の時はかわいくてお気に入りだった刺繍が、高学年になるとかわいらしすぎて恥ずかしくなってきた。

●高学年になったら、刺繍がないシンプルなデザインがかわいいと思ってきた。

●年月が経つにつれて、刺繍がほつれてきて台無しになってきた。

お花やハートなど、かわいい刺繍入りデザインのランドセルは人気がありますが、実際に使用していくとほつれてくるという問題があります。(特にかぶせ・フタの折れ曲がるところ)

また、カラフルな色を使った刺繍は低学年の時はかわいくてお気に入りだったけれど、高学年になると恥ずかしくなってくる子供もいるようです。

刺繍入りのランドセルを購入したい場合、後悔しないためのポイントです。

●かぶせ(フタ)の折れ曲がると所に刺繍がない。(折れ曲がる所がほつれやすい)

●カラフルではなく1色などシンプルな色合いの刺繍にする。

●刺繍に摩擦やこすれでダメージを与えないために、ランドセルカバーをつける

など、対策をすると刺繍部分がきれいに残るでしょう。

amazon「ランドセルカバー 女の子」商品一覧はこちら!

【3位】薄い色・淡い色

女の子ランドセルの後悔した色「薄い色・淡い色」
薄い色・淡い色とは、

●パステルカラー
●ペールピンク(薄ピンク色)
●ミントグリーン(薄い緑色)
●水色
●ベージュ色
●キャメル色(薄茶色)

など、薄い色のことです。

薄い色や淡い色が後悔してしまう理由は「汚れが目立つ」ことです。大切に使用していても、摩擦などで黒っぽくなってきたり、多少の傷がついてしまいます。濃い色のランドセルは傷や汚れは目立ちにくいのですが、薄い色、淡い色のランドセルはどうしても汚れが目立ってしまいます。

汚れのある薄い色のランドセルは、遠くから見た時に「汚れてるな~」と思うほど、よく目立ちます。

さらに、素材が牛革でお手入れをしていない場合、表面がめくれてしまうことがあります。その痛みも、薄い色、淡い色のランドセルは目立ってしまうので、注意が必要です。

薄い色、淡い色のランドセルを購入したい場合のポイントです。

●傷がつきにくい素材、加工されているものにする。

●ランドセルカバーをつける。

最近は、傷がつきにくい、汚れが付きにくい、撥水加工がされているランドセルが増えてきています。購入前に、しっかり対策加工がされているか確認しましょう。

また、ランドセルカバーもお手軽で傷や汚れを防ぐことができます。値段もそんなに高いものではないので、ランドセルカバーはおすすめです。
amazon「ランドセルカバー 女の子」商品一覧はこちら!

キャメル色ランドセルはからかわれない?

キャメル色ランドセルはからかわれない
キャメル色(薄茶色)など茶色系のランドセルはかわいい色なので女の子に人気がありますが、「ウ〇コ色ランドセル」とからかわれないか不安になる声があります。実際は、稀にからかわれるようですが、たまたま意地悪な子供がいる場合言われるようです。

茶色系ランドセルは男女ともに人気のあるカラーです。高学年になっても飽きの来ない色として評価されています。

【4位】キャラクターコラボ

女の子ランドセルの後悔した色「キャラクターコラボ」
女の子向けのキャラクターコラボのランドセルはたくさんあります。
●ディズニープリンセル
●すみっこぐらし
など、女の子が大好きなキャラクターのイメージカラーや刺しゅうがあしらわれたかわいらしいランドセルも人気があります。

しかし、低学年の時に大好きだったキャラクターは、高学年になっても大好きのままとは限りません。

キャラクターコラボのランドセルはかわいらしいデザインが多いので、高学年になると恥ずかしくなってしまう可能性もあります。飽きやすい性格の場合はキャラクターコラボなどかわいらしいデザインのランドセルは避けたほうが無難です。

どうしてもキャラクターデザインのランドセルが欲しい場合は、ランドセル本体はキャラクター以外のデザインにして、ランドセルカバーでキャラクターデザインの物をかぶせてあげると、かわいいデザインになります。キャラクターデザインに飽きたら、カバーを取ればよいので、好みの変動に合わせてデザインを変えることができるので、おすすめです。

amazon「ランドセルカバー 女の子」商品一覧はこちら!

【5位】かわいい色

女の子ランドセルの後悔した色「かわいい色」
女の子ランドセルの後悔した色第5位は「かわいい色」

かわいい色とは、「高学年になったら恥ずかしくなる可愛すぎる色」のことです。例えば、

●明るいピンク色
●濃い紫色
●ピンク×パープルのコンビカラー
●明るい水色

など明るい色、かわいらしい色のことです。

低学年の時は「かわいい~♪」と大喜びの色も、高学年になると恥ずかしく感じる女の子が結構いるようです。(もちろん、自分で選んだ色なので、大切に6年間使う子がほとんどですが)

特に、明るすぎる色、遠くからでも目立つ色は飽きやすいという意見があるので注意です。

女の子で黒色、グレーのランドセルはいじめられない?

女の子でグレー、黒色のランドセル
女の子も黒色やグレーなどかっこいい色のランドセルが欲しい子もいます。「なんで女の子なのに黒色(グレー)のランドセルなの?」とからかわれたり、いじめられたりしないか心配になる親御さんもいます。

実際に販売されている、女の子向けの黒色、グレーのランドセルはかわいい色(ピンクなど)の刺繍や飾りがついていて、とてもかわいいデザインになっています。そのため、男の子っぽいランドセルにならないため、あまりからかわれることはないようです。

後悔しないランドセル選びのコツ

後悔しないランドセル選びの仕方をご紹介します。

実際にお店にランドセルを見に行く

実際にお店にランドセルを見に行く
カタログと実際の商品では、色合いや風合いが違って見えます。

実際にあったことですが、カタログで選んでいて子供は「ぜったい紫色!」と言っていたのに、お店の展示会で商品を見に行くと、水色のランドセルに一目ぼれ。「やっぱりこっち!」と即決したそうです。

ランドセルを背負ってみて、背負い心地が合わなかったり、使いづらいところが見つかったりと、実際に商品に触れてみることは大切です。

また、カタログにはない色やデザインのランドセルが展示されていることもあるので、選択肢が増えます。展示会やお店のランドセルコーナーに足を運んでみることをおすすめします。

どうしても家族で意見が食い違っていたり、なかなか決まらない場合は、お店のスタッフさんに相談してみましょう。プロ目線で、子供の好み、今の人気商品、体系、予算などからおすすめのランドセルを教えてくれます。

学区の通学路に立ってみる

学区の通学路に立ってみる
登下校の時間に通う予定の学校の通学路に立って、お姉さんたちのランドセルを見てみましょう。

近い年齢の低学年の子供よりも、高学年のお姉さんを見たほうが、参考になります。(高学年になったら飽きないために)

また、地域によって人気のある色やデザインが異なりますので、入学予定の通学路がおすすめです。

親の意見を押し付けない

親の意見を押し付けない
幼児時代の子供が選ぶので、本当にその色やデザインで大丈夫か心配になるのが親の本音です。

しかし、6年間使うのは子供。どんなに親の好みと違っていても、なるべく子供の意見を尊重しましょう。

そして、購入するときに「自分で選んだのだから、絶対に6年間大切に使うように」約束をしましょう。

もし、転勤が多く、無難な色にしてほしいなどの大切な要望は、子供に伝えて、子供が納得したうえで選ぶとよいでしょう。

親世代の定番の赤色は古い?十人十色のランドセル

親世代の定番の赤色は古い?十人十色のランドセル
現在のランドセルは、多彩な色のランドセルが販売され、それが当たり前になってきています。ランドセルの色でいじめられたり、からかわれることもあまりなくなってきました。

そのため、女の子の定番の赤色のランドセルを持ている子のほうが少ないようです。

赤色ランドセルを自分で選んだ子供は「定番だから」赤色を選んだのではなく「好きだから」選んだということになります。

どんな色でも、その子が納得して大切にできるのなら、何色でも大丈夫のようです。

ほとんどの子供は使っているうちに気にしなくなる

ほとんどの子供は使っているうちに気にしなくなる
先輩ママたちの一番多い意見として、「使っていると、ただの道具になり、色は気にしなくなる」というものです。

中には、おしゃれが好きな子や飽きっぽい子、人の目を気にする子はランドセルの色に不満を感じるようになるのですが、それは少数派の子供のようです。

ほとんどの子供は使っていくうちに、色のことは気にすることはなく、6年間使い続けるようです。6年間も使っていると、愛着がわいてくることもあります。傷や汚れも、がんばって小学校に通った証になります。

購入する時はいろいろ心配ですが、使い始めれば気にならなくなることのほうが多いです。

女の子のランドセル後悔した色 まとめ

女の子のランドセル選びで後悔しない条件をまとめます。

●薄い色、淡い色は傷、汚れが目立つので注意!

●親が誘導して決めるのはNG!子供の意見が一番大事!親が選ぶランドセルより、子供自身が選んだランドセルの方が、後悔しにくく、大事にする。

●キャラクター物ランドセルは要注意。

●刺しゅう入りはほつれてくるので、フタ全体にないものを選ぶ。

●可愛すぎる、飽そうな色も注意!

●色だけではなく、丈夫さとA4フラットサイズが入る大きさであることもチェックしましょう。

●お店、展示会、通学路で実際のランドセルを見て選びましょう。

男の子の公開したランドセルの色ランキングはこちら!
ランドセル【男の子】後悔した色ランキング!赤・紫・ピンクは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました